MENU

恋愛に関しては経験豊富に見えたものの、意外とシャイ

アメリカ人でした。背が高くて、マッチョ。金髪に青い目という典型的な西洋系の見た目でした。

 

恋愛に関しては経験豊富に見えたものの、意外とシャイで、好感が持てました。

 

しかし、自己主張が強く、自分の意見は絶対に正しいという感じを会話から感じることが多く、相手へのリスペクトが足りないな、という印象を受けました。出会いは都内のレストランでした。ある集まりに日本人の先輩に連れて行ってもらい、そこで知り合いました。

 

軽く自己紹介し、彼が私の大学の留学生であることが分かりました。それから大学で頻繁に会うようになり、約二か月後に交際関係になりました。外国人の方とお付き合いすることが初めてだったので、文化の違いなど戸惑うことも多く、相手の自己主張も強かったため、喧嘩は多かったと思います。

 

しかしお互い交際に真剣で、彼がアメリカに帰った後、私も彼を訪問したり、彼がクリスマスに来てくれたりと一年ほど続きました。しかし私がアメリカに留学する直前に別れました。理由は彼の束縛で私の自由がなくなったと感じたからです。

 

恋愛していた時は彼に夢中だったと思います。私にとっては初めての交際相手で、しかも外国人だったので、とても印象的でした。

 

日本語ができたため、私が伝えたいことは伝えられていたと思います。しかし相手が知らないうちに不満をためていることも多く、そこは気を使っていました
。正直疲れましたね。毎日のように、私の容姿を褒めてくれたり、気持ちを正直に伝えてくれたり、お姫様みたいな気分にさせてくれました。

 

しかし一番大きな問題は彼の束縛で、彼が私のことを大好きなのは嬉しかったのですが、私がどこにいても、連絡をし続けたり、女友達と出かけるだけでも拗ねてしまったり、私の自由が制限されている感じでした。

 

やはり、恋愛関係には信頼関係が必須ですね。彼が私を束縛していたのは、私のことが大好きだからではなく、私のことを信頼できなかったからだと今は考えています。よく、少し束縛されるのが嬉しいという人がいますが、私は違うと思いますね。

 

恋人だからといって、パートナーのしたいことや楽しみを制限するのは間違ってると思いますし、まず信頼してたら、パートナーがどこに出掛けようが嫉妬しないと思います。もちろん各人で、これが嫌だな、と思う基準は違うと思いますが、一方的にダメというのではなく、話し合いで妥協点を見つけることが大事だと思います。

このページの先頭へ