MENU

馳走していただくとても紳士的な男性

IT系に会社に勤めており、バリバリ仕事ができそうな方でした。

 

その方は、色々とご馳走していただくとても紳士的な男性でした。とてもユニークで引き出しが多く飽きは来ないような方でした。何とも一緒にいて楽しいです。テニスが趣味なので、私のテニス友達をきっかけに、その相手もテニスをして一緒に仲良くなってテニスを始めたという事です。

 

テニスは結構下手くそですが、楽しんでテニスしているのかな。と思うぐらいテニスをやっておられました。

 

私も、テニスを違うスクールに行っていたのですが、彼が居るテニスに通う事にして色々と少しでも近い場所に居れるようにしておりました。

 

なかなか距離もありましたので、仕事帰りに車で移動して、テニススクールまで行くのは大変でした。ぼちぼち楽しかったです。テニス友達とも会えますし、彼とも逢えるため無理して遠いところから通っておりましたが、

 

それなりに楽しかったです。
その後のご飯やお茶を皆で食べたり、彼と夜もホテルに消える事もありました。

 

なかなか、毎日がとても充実しており毎日欠かさすメールしたりとして、とても楽しかったのですが、
どうも、彼が信じてる御家柄の宗教とやらがひっかかり、残念ながら家VS家の信条に合わずそのまま疎遠となりました。

 

なかなか、難しいなと感じました。色々経験する事が大事なのかもしれません。世界には男も女も35億人居るんです。合わせて70億人です。
一人がダメでも全く問題ありません。成行きの人生が全てを決まります。ダメだったとしてもそれも運命、今上手くっているのも運命、
あがく事は必要ありません。すべては運命に従って生きているだけの話です。

 

 

好きになったらとことんいきなさい。好きそうな人であれば、茶化してみてください。
恋愛に答えなんぞありませんよ。全力投球で頑張ってください。

このページの先頭へ