MENU

入学後の事を考え「頼れるお兄さん」

2つ年上の違う高校の方でした。

 

その男性は当時、私が志望していた大学の学部に推薦で合格していたということもあり、友人の紹介で知り合いました。
受験に必要な情報や「うちの学部はこんな雰囲気だよ」といった生の情報を手紙に書いて送ってくれる筆まめな方でした。友人の紹介で知り合い、志望する大学の先輩になるということもあって、私は「頼れるお兄さん」の様な気持ちで接していました。

 

学部の1年と3年合同研修の話をしてくれて「一緒に合同研修に行けたらいいね。」 とよく言っていました。

 

「あなたが入学する時には1年3年合同研修の先輩サイドになっているから、頼っていいよ。変な奴からも守ってあげる」と言われて、次第にひかれていきました。

 

手紙というツールも個人的に大切にされている感じがして嬉しかったです。大学入試のストレスも、入学後の事を考え「頼れるお兄さん」がいると思うと安心できました。

 

勉強の相談をしたらおすすめのテキストを送ってくれたり、「一緒に頑張ろう。僕もレポート作成頑張ってるから応援してね」といった励ましあえる関係でした。

 

好きな人が、頼れる存在であるという幸せに包まれて毎日を過ごしていました。手紙が来ていないか学校帰りに郵便受けをチェックするのが毎日ドキドキでした。メールじゃなくて手紙というところも古風でいいなと思って好きでした。別れるきっかけとなったのは彼の結婚願望の強さでした。

 

彼は大学卒業後にすぐ結婚したいと考えていて、「あなたが大学を卒業する頃には働いて2年たっている社会人男性だ」そして「大学に通う間、じっくり付き合って結婚したいと思っている。大事にしたい。」と言われました。

 

当時18歳の私にはそこまでの気持ちがなかったのでお別れすることになりましたが、知り合ってから2年近く付き合っていたのでお互いに「情」というもの生まれていて、断ち切るのは簡単ではありませんでした。
安易に親しくなりすぎたなと後悔しています。

このページの先頭へ