MENU

自分とは真逆の性格で、とにかく心が広く優しい人でした。

自分とは真逆の性格で、とにかく心が広く優しい人でした。

 

勉強もでき、とても賢い人だったので周りの人からの信頼がとてもあり、じぶんに持ってないものを全て持っている人だったこともあり、とても尊敬していました。

 

よくある友達の紹介でした。私は相手の人が全くタイプではなかったので興味がなかったけれど、話をしているうちに相手のペースに。

 

メールや電話をマメにしていましたがその時私に彼氏がいたこともあり、好きになったり付き合うことはなかったです。そこから1年過ぎた頃友達として好きが男性として好きに変わっていたことに気づきました。相手はずっと思ってくれていたみたいで告白してもらい、付き合うことになりました

 

。一目惚れしたと言われたのは初めての経験でとても嬉しかったです。若かったこともあり、毎日毎日メールで想いを伝えたり、時間のあるときは電話をしたり。学校や部活が忙しく時間が取れず、なかなか会えなかったのがものすごく辛かった思い出です。

 

早く会いたくて会いたくて、今度いつ会える?と何度もしつこく聞いていました。今思えばとても恥ずかしいですね。あんなに人を好きになることは後にも先にももうないです。今はもう結婚しましたが、あのとき以上の気持ちにはなれないです。10代の時の大事な大事な経験です。
ちょっとした思い違いやすれ違いで別れる事になってしまい、ものすごく後悔しました。別れてから何年も経ち、結婚もしましたが今でも大好きな人です。

 

何度かよりを戻すタイミングがあったのに、何もなかったのは運命の人ではなかったのかな。思い違いやすれ違いは話せばわかることが多かったりするので、すぐ別れるのではなくちゃんと時間を設けて、お互い落ち着いて話し合いをすることが大事だと思います。好きなのに別れるのは辛すぎます。

このページの先頭へ