MENU

他の男がおるまえでスカートを履くななど、独占欲が強かった

とにかくマメな彼氏でした。毎日おはようからおやすみまでメールをくれ、サプライズでプレゼントをくれたりと何をするにしても私のことを一番に考えてくれました。

 

しかし、他の男がおるまえでスカートを履くななど、独占欲が強かったです。出会いは中学のときに同じクラスになったのが始まりです。話す機会も多く、私は少しずつ好意を抱きましたが、彼は別に好きな人がいました。

 

そして、私の思いを伝えることなくそのまま同じ高校に進学。高校2年のときに再び同じクラスになり急接近。家にも呼んでもらいました。彼は思春期ということもあり、私の体に触れてこようとしたので、私はそこでストップをかけ、「私は好きだから、こういうことは付き合ってからにしてほしい」と告白しました。

 

そして、彼は3日ほど考えてくれ、付き合おうという返事をもらいました。付き合っている当時は、一緒にいてとても楽しく、お互いの親にも認められていたので、当たり前のようにこのまま結婚すると子供心に思っていました。それは彼も同じ気持ちで、私と結婚したいと思っていたようです。しかし、あるとき彼からある告白をされます。それは「宗教」でした。生れたた時から宗教に入っており、教祖に私との相性を聞きにいってもいいか。と言われました。その結果次第で結婚したいとも言われ、私は一気に冷めてしまいました。

 

そして別れることになったのですが、こんな呆気ない終わり方あるんだなぁと逆に冷静でした。「好き」という気持ちだけでは、ずっと一緒にいることはできません。私の場合は宗教でしたが、それはお金・家族関係など様々なことが立ちはだかるかもしれません。

 

その恋愛が遊びなら関係のないことですが、もし今付き合っている人とずっと一緒にいたい、結婚したいと考えているなら、現実にもしっかり目を向けてください。「好き」だからなんでも受けいれられると思っている方は、本当に受け入れることができるのかもう一度よく考えてみてください。

このページの先頭へ