MENU

彼から告白された時はお付き合いをオッケー

理系で研究者を目指している大学院生。

 

地方から出てきて、東京で一人暮らしをしていた。自分の興味・関心のあることはとことん追求するが、それ以外のこととなると全く理解しようとしない。漢字があまり読めない男性でした。

 

大学生の時に所属していたサークルが同じでした。趣味が同じということもあり、音楽のサークルだったので、一緒に演奏会に行ったり、相手がディズニーが好きだったので、ディズニーなどに一緒に遊びに行っているうちに告白されました。

 

初めてお付き合いした人で、最初からすごく好きというわけではなかったけれど、向かう側が素朴でガツガツしていない振る舞いが好印象だったので、彼から告白された時はお付き合いをオッケーしていました。

 

同じ趣味の時間を共有することが楽しく、私が知らないことも色々教えてくれたので楽しく感じる一方、あまりにも彼自身が興味・関心のないことを知らなすぎて、ブランド品のキーケースをあげても、そのブランド名を知らなかったりするので、複雑な気持ちになったこともありました。けれども、5年ほどお付き合いしていたので、だんだんそのペースや性格に慣れていって、私がブランド物を選ばなくなりました。

 

派手なことはお互いにしなかったけれど、シンプルで楽しかったです。お互いの価値観が最初からぴったり合うことはとても難しいと思います。

 

若い時は特に理想も高かったりするので、自分の求めるものと相手が異なる場合、どこまで受け入れられるか、耐えられるか考えてしまうこともあると思います。でも、本当に相手のことを好きになれれば、多少の相違は受け入れられるし、終いには自分が変われると思います。

 

だからといって、その結果が絶対に幸せとは言えないけれど、私自身はこの恋愛でとても成長できました。

このページの先頭へ